• このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアオフィスが広げる新しいビジネスの可能性

シェアオフィスが広げる新しいビジネスの可能性

近年、ビジネスにおける新しいオフィスの形態として、そしてビジネススタイルそのものの新しい形態として注目を集めているものに、シェアオフィスがあります。

シェアオフィスとは1つの事業者が個々にオフィススペースを確保するのではなく、1つのオフィスを机単位、あるいは1ブロック単位で複数の事業者が共用するオフィスのことをいいます。

こうしたスタイルは、たとえば新人弁護士が先輩の事務所の一角に机を1つ置いて開業するといった具合に以前からイレギュラーな形では行われていました。しかし最近では、オフィスビルの管理業者や小規模ビジネスを支援するNPO法人などが不特定多数に向けて広く利用者を募集する例が目立ってきています。

シェアオフィスの多くは会員制

シェアオフィスの多くは会員制で運営されています。利用希望者は会員登録を行うことで、そのオフィスの利用資格を得ます。使い方は常時特定の机を確保できるタイプや、利用したい曜日や時間帯を指定してその都度空いているスペースを提供されるものなど、いくつかの種類があります。当然、占有度の高低によって利用料金も異なります。また、コピー機や打ち合わせ用のスペースなどは共用設備となっているのがほとんどです。オフィスによっては郵便物の代理受領や転送などのサービスを行っているケースもあります。

こうしたスタイルのオフィスを利用するメリットは、何と言ってもオフィスを維持するためのコストが安くて済むことです。たとえば仕事の都合上どうしても都市部に事業拠点を置く必要があっても、東京をはじめとする大都市の賃料は非常に高額です。特に独りで会社を興したばかりの起業者などにとっては、一般の貸事務所は広すぎるにもかかわらずその広さに見合った分の費用を負担しなければなりません。その点シェアオフィスであればイニシャルコスト、ランニングコストのいずれも低額で利用することが可能です。

ビジネスチャンスを広げるためにも

また、シェアオフィスにはその特性上、似たような境遇で小規模なビジネスを行っている人同士が集まります。そのため、そこで交流を深めたり、ときには合同で事業を行ったりすることでビジネスチャンスを広げるという使い方もできます。実際、すでに運営されているシェアオフィスの中にはそうした協業の実現を目的としているところもあります。たとえばデザイナーやカメラマン、フリーランスの編集者といった職業を持つ者同士でオフィスをシェアすることで、クリエイティブな新ビジネスの立ち上げを促すといった具合にです。最近ものづくりの分野で話題となっている3Dプリンターなども個人で購入しようとすると大きな負担になりますが、あらかじめ備え付けられているシェアオフィスを利用すれば低コストで導入が可能になります。”

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>