• このエントリーをはてなブックマークに追加

東京での起業を可能とするシェアオフィス

東京での起業を可能とするシェアオフィス

オフィスの立地

会社を起業してビジネスを展開するにあたって、最も重要なのはそのビジネスの具体的なサービスや商品の内容です。しかし、それと同じか、それ以上に重要な要素が会社をどこに設立するかという立地条件の要素です。直接物を販売する会社なら購入者が多く集まる場所が有利です。しかし、オフィスのような会社の中枢部を置くのであれば、他の会社と取引もし易く、交通の便が良く、あらゆる情報が集まり、何よりも東京に会社があるという事で取引先や、その他のお客様からも信用と安心感が得られます。

しかし、これから起業してビジネスを展開しようとする会社にとって、一番の悩みどころはコストです。東京の雑居ビルのような場所でも、ビジネス街や東京の中心部に近づくにつれてどんどん賃貸料は高くなっていき、これからビジネスを展開しようという方や東京に会社を移転して来た方には大きな負担となります。

メリットを活かしつつデメリットを抑えるのがシェアオフィス

そこで、東京でビジネスを展開する大きなメリットを生かしつつとコストがかかりすぎるというデメリット抑える事が可能なのが、シェアオフィスです。シェアオフィスには様々なメリットがあり、自分の会社の規模に合わせたオフィスを選べるのはもちろん、最初から高速のインターネット回線や事務作業に必要なデスク、プリンター、スキャナー等が完備されている場所もあります。
本来起業する際はこれらの備品を揃えてから開始しますが、シェアオフィスは初期のコストを削減出来るというメリットもあります。会議室も必要な時だけレンタルできるシステムを採用している場合が多く大幅なコストカットが可能です。

もうひとつの利点として、同じ場所を様々な起業が共有してますので、情報の交換や有益なコラボレーションが生まれる可能性が高いという事です。シェアオフィスその中には秘書や受付を代行してくれるとこもあります、有能な秘書や受付もシェアして共有すれば、それらを必要とする起業にとっては人件費がかなり安くなるので、とてもスムースにビジネスを開始させる事が出来ます。
シェアオフィスを選ぶ際にはこれらの様々な条件を吟味して選びます。

バーチャルオフィスも

昨今ではバーチャルオフィスというタイプのシェアオフィスが存在します。会社の登記や住所登録は東京のビジネス街でありながら、実際の仕事場所はそこに依存しないというタイプのオフィスを持つ事が可能です。会社の住所が東京であれば、お客様や取引先への信用にも繋がり、自宅の住所や電話番号を公開しなくても済むというメリットもあります。会議等でその場所が必要になる場合は、その場所に用意されている会議室をレンタルする事が出来るサービスもあります。これも同じ場所を複数の会社でシェアしているという点で似たサービスと言えます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>