• このエントリーをはてなブックマークに追加

東京での起業時に検討したい「シェアオフィス」という選択

東京での起業時に検討したい「シェアオフィス」という選択

最近は東京を中心に、起業する際に事務所を構えず、「シェアオフィス」という形態を選択される方が増えています。シェアオフィスの大きなメリットのひとつは、事務所開設にかかる初期費用を抑えることができる点です。これは起業を目指す方には、とてもシェアオフィスを選択する大きな理由となります。。

オフィスを構えるためには莫大なコストが必要

事務所を構える場合には、保証金や内装工事費などがかかります。ましてや建設するとなると土地の購入代や建物の建築費など、大きなお金が必要となります。大赤字を背負ったまま、起業することにもなりかねません。そこで、起業の際の選択肢となるものが、シェアオフィスの利用です。そもそもシェアオフィスとは、シェアハウスの企業版であり、1つのオフィスを複数の企業で共有するというものです。

シェアオフィスのメリットについては、まず前述しましたように、初期費用を大幅に削減することができるということです。1カ月数万円で契約することができますので、初期費用が抑えられます。また、シェアオフィスには、事務用品やOA機器がはじめから備えつけられているオフィスも少なくありません。事務用品なども揃えるとなると、費用もばかになりません。シェアオフィスには、設備投資が削減できるというメリットもあります。

文字通り、複数の企業で1つのオフィスを共有するために、他社との交流を築きやすいというメリットもあります。また、他社との交流が築けるということは、そこから新しい人脈が生まれる可能性もあるということです。ビジネスチャンスが広がるということもメリットに挙げられるでしょう。

一等地にオフィスが構えられる

東京都内では、1等地と呼ばれる地域に、シェアオフィスが集中している傾向にあります。そのため、会社のDMや、名刺、書類や封筒などすべてのものに、1等地の住所をそのまま使用することができるというわけです。相手に与えるイメージという点では、かなりポイントが高くなり、起業する上でメリットとなります。シェアオフィスの多くは、交通面でも都心の便利な場所にあることが多く、仕事をする上で立地は大切な要素となりますので、立地もメリットとして挙げられます。

出資者がいて、資金が潤沢にあれば別ですが、起業する際にまず直面する問題は資金です。普通に事務所を借りる場合には、敷金や毎月の家賃がかかります。起業した会社が安定するまでは、毎月のランニングコストとなる家賃をできるだけ抑えることが重要となります。ゆえに、オフィスをシェアするという方法は有益です。

その他にもシェアオフィスにはメリットが

シェアオフィスの中には、広い打ち合わせスペースが用意されている物件も存在しています。広い机も備えつけられており、来客時や数人での打ち合わせの際には、大変重宝します。また、家賃に電気代・水道代が含まれているオフィスもあります。冷暖房などの光熱費はわりとかかるものですので、家賃に含まれているオフィスをおすすめします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>