• このエントリーをはてなブックマークに追加

東京で起業するならシェアオフィスを検討しましょう

シェアオフィスではアイデアが生まれる

東京で起業するのはアドバンテージがある

起業するにあたり、もっとも資金がかかるのが事務所の確保だと思います。あなたが地方で起業するのであれば地価も東京と比べてだいぶ安くすみますが、ビジネスのチャンスの点で東京での起業はとても魅力的だと思います。

起業すると降りかかってくる問題

独立する前は大きな会社であればあるほど駅から近い便利なところに職場があるケースが多いと思います。ところが、あなたが起業する場合は資金の都合から前職の会社と同様の条件のところにすることはできません。また、起業すると一言でいっても、一人ではなかなか思い通りの仕事ができません。これまで会社で優秀な社員としてバリバリ働いていた方が独立した途端に思い通りの仕事ができなくて、歯がゆい思いをされている方が多くいらっしゃいます。会社にはいろいろな部署があり、それぞれが専門家ですので困った時にはすぐにプロの助け舟が自動的に出ます。大きな会社であればあるほどこの助け舟に助けられて仕事をしています。ところが会社から離れた瞬間からすべてを一人でやらなければならなくなってしまうのです。

シェアオフィスの活用

ここで期待できるのがシェアオフィスの活用です。シェアオフィスとは一社だけが自社のオフィスとして一か所のオフィスを使うのではなく、複数社で同じオフィスを共有するオフィスの使用形態です。一社あたりの費用をかなり抑えることができるため、便利な場所に比較的安いコストで事務所を持つことができます。シェアオフィスはデザイン事務所や建築の設計事務所や弁護士事務所などの独立自営業の形態をとる職業の間では昔から盛んに活用されています。たとえば弁護士のケースでは刑事事件に強い弁護士さん、特許訴訟に強い弁護士さん、人権問題に強い弁護士さんなどがいらっしゃいます。それらの方がお互いに助け合い、知恵を出し合って働くことで、何人も弁護士を抱えている大手の弁護士事務所に対等に訴訟をやりあっていらっしゃいます。

あなたが起業されるにあたっても同様のことが言えるのではないでしょうか。これまであなたを支えてくれた同僚や他部門の専門家がいなくなるわけですからそれを補うためにこのシェアオフィスを活用することはとても有効であると思います。また、あなたが地方から東京に出て働くのであれば人脈づくりにもとても困ることでしょう。起業したあなたと同じ志を持った仲間が周りにいるということはとても心強いと思いますし、お互いが隣の机で頑張っている姿を見て奮起することでしょう。起業を考えていらっしゃるほどの方ですから、とても優秀な方である可能性も高く、問題解決に対する有益なアドバイスをもらえるケースも多いと思います。

そういったアドバイスは、シェアオフィスで削減できるコストより、はるかにプラスになる可能性もあり、目に見えないベネフィットも自分で賃貸するより多くのものがあるということがわかると思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>