• このエントリーをはてなブックマークに追加

東京で起業する場合におけるシェアオフィスの活用と注意したい点

東京で起業する場合におけるシェアオフィスの活用と注意したい点

シェアオフィスとは、一般的にひとつのオフィスを複数の企業(個人事務所など含む)が、活用するシステムです。東京で部屋を借りて事務所を構えるとなるとそれなりに費用がかかるものですが、シェアオフィスを活用すれば遥かに安い金額ですみます。お金をかけられない起業家にとってそれは大きなメリットになります。

シェアオフィスを活用することのメリット

シェアオフィスではいろいろな起業家やフリーランスの方などが共同利用することで、コミュニケーションが生まれます。
そうした中から情報を得られたり、自分が始めたビジネスにおける新たな道が開けるヒントを与えてもらえる可能性もあれば、さらに進んで組んで仕事をしましょう、とことになるかも知れません。

ですから、積極的にコミュニケーションをとり自分の意見を言い、相手の言葉を聞くようにするといった姿勢が大事になります。
起業したての頃は、何かと不安が付きまとうものです。この事業を始めたはいいけど、自分の思う通りに展開出来るだろうか、などなどいろいろ考えてしまうものです。そうした時、起業家同士が語り合うことで、励ましあったり、悩みが小さくなることもあります。

さらにシェアオフィスの中には、おしゃれな感じでデザインされたところもあります。そうしたところで仕事をしていることでファイトが増して来るという期待も持てます。自ら与えられた自由空間を楽しみながら仕事をしていきましょう。

シェアオフィスの注意点

ここまでいいことを述べて来ましたが、注意しなければならないこともあります。複数の企業が共同でスペースを利用するわけですから、自分だけの空間ではないことを十分認識することも大切です。大きな声で電話で話す、共同のOA機器などを独占使用するなどといったことへの配慮はしなければいけないことです。基本的な社会一般のルールはしっかり守るようにする必要があります。

また、先に述べたようにシェアオフィスは、様々な企業などが利用することから、仕事上の付き合いなどが出来る場所でもあるのですが、相手の立場を考えてコミュニケーションをとる必要があります。
乗り気でない相手を強引に説得したり、自分だけのメリットを考えてビジネス展開をしようとするのはやめたいものです。
同時に、自分自身の考えをしっかり持ち続けるといったことも重要です。
組んでビジネス展開をしませんか、と誘われた時、自分が描いたビジネスプランと違った方向にいってしまわないか、それでいいのかなど十分に検討しましょう。

シェアオフィスの形もいろいろ変化していきます。例えば、机は共同で空いたスペースを使うというのが通常の形でしたが専用の机が欲しいというニーズがあり、その人個人に机を与えるというシェアオフィスも出て来ています。様々な特徴を持ったシェアオフィスがありますので、それらをよく把握して契約・利用することが大切となります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>